忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/20 (Fri)

結局僕は、その日一睡もできないまま、朝を迎えた。

やはり落ち着かない・・・
シャワーをあび、熱いコーヒーを飲む。

そして何処に行くあてもなく、車に乗り込む。


15分ほど走っていると、身に覚えのある車とすれ違った。
エヌ藤さんだ!

すぐさま電話を掛けた。

 「もしもしエヌ藤さん、おはようございます、今から仕事ですか?」

 「仕事する気分になれないから、休んだ。たけ、コーヒーでも飲みに行くか?今何処・・・」

 「今、ちょうどエヌ藤さんの車とすれちがったとこですよ。岐南町のコメダでどうですか。」

 「分かった、向かうよ。」


エヌ藤とは、もちろんあだ名である。
本名は、たぶん内藤とでも言うのであろう、僕はあまり気にしてなかった。

エヌ藤さんは、秋元さんの死について、最後の夜の事について、ぼくに細かく問い詰めてきた。

僕は、分かる範囲の事をエヌ藤さんに話し、なんとなく腑に落ちないいくつかの出来事についても話してみた。

  1. なぜ敦さんは、突然バンドの練習日をあの日にしたのか?
  2. なぜ玄有さんは、練習が終わった後、関係のない秋元さんを食事に呼んだのか?
  3. なぜさっちゃんとともちゃんは僕達の居場所が分かったのか?
  4. なぜ久実ちゃんの車があの場所に止まっていたのか?

あっと言う間に2時間ほど経った。

エヌ藤さんが言った。

 「俺たちで、犯人見つけようぜ!」

何を言っているのだろう。
まだ警察は、犯人について何の情報もつかんでいないようだし、何も発表もされていない。

エヌ藤さんは、普通の生地の営業マンで、僕はただのバーテンダーである。
探偵の真似事など、到底できっこない。
ましてや、仲間に犯人がいるかもしれないというのに・・・

心の中でそうつぶやいた。

しかしエヌ藤さんの目は本気だった。
まるで名探偵コナンが犯人を追い詰めるときのような・・・

そういえば、エヌ藤さんと秋元さんの関係だが、小学校、中学校と同じ学校の同級生で、今でも仲のいい仲間である。

 「エヌ藤さん、今僕達が熱くなってもどうしようもないと思います。たぶん2、3日もしたら警察から何か発表があると思います、それを待ちましょう。」

エヌ藤さんは、小さくうなずいた。


そういえば、あの朝秋元さんの携帯から僕に電話してきたのは、誰だったんだろう?

まちがいなく久実ちゃんの声ではなかった。
しかしどこかで聞き覚えのある声だった。
早く思い出さなければ・・・・・・


それから1時間後、久実ちゃんから電話があった。
「家に帰りました。」と・・・・・
 

PR

2008/09/05 (Fri)
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]