忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/20 (Fri)

今回の事件で僕達は、たくさんの仲間を失った。
また、たくさんの人の夢や希望、可能性も同時に失った。

何処から感情を整理していけばいいのかさえ分からない。
涙など流したところで、僕達の心は変わりはしない。

どうすればこの苦しさや切なさから開放されるのかなど、誰も想像できないだろう。

岡谷が逮捕されて1週間ほどして僕は店を再開した。
すこぶる気分は悪いが、何もしないよりは気が紛れた。

タイの女性もすぐに捕まったらしい。
やはりさっちゃんの遺書にあった通りの供述だったようだ。

僕は、もう事件の真相がどうであろうと、興味がなかった。
岡谷の事は少し気になったが、平山さん曰く「証拠も不十分なので実刑にはならないだろう」との事だった。

岡谷が戻ってきたらすぐピースの練習を始めようと、あつしさんとげんゆうさんに伝えると、二人とも快く了解してくれた。

誰も来ないまま深夜0時が過ぎた。

もう閉めようと思いとりあえず店の郵便ポストを確認した。
どうでもいいダイレクトメールと電話料金の請求書の中に大きめの茶封筒があった。

送り主の名前はない。
不思議に思い、すぐさま開けてみた。

メモリーカードが一枚入っているだけで、それ以外のものは何もなかった。

胸騒ぎと共に、少し前まで感じていた苦しみが再びこみ上げてきた。
店の中に戻り、パソコンの電源を入れメモリーカードをセットした。

やはり予感は的中した。
秋元さんのパソコンに入っていた密輸についてのものと同じものだ。

 「誰なんだ!何のために!なんで今更僕の所に…」

読み進むにつれ、いかに完璧な方法を見出したかが分かってきた。
僕ですら秋元さんに誘われたら断れなかったかもしれない。

きっと、小さな油断と驕(おご)りのせいで秋元さんは死ぬ事になったのだろう。
もしかすると僕ならうまくやれたかもしれない…

一番最後のページに、後から書き足されたと思われる一文があった。

多分、東南アジアの言語だろう。

その言葉をメモして、パソコンを閉じた。
次の日、言葉の意味を解読してみた。

内容はこうだ。

『一年後にもう一度、この計画をもっとうまく実行してみないか。私たちと一緒に』


END

PR

2009/01/28 (Wed)
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]